消化器内科及び胃カメラ大腸カメラ


 

日本人麻酔科専門医管理の無痛内視鏡だから、痛くない!辛くない!寝ている間に検査終了!



当院の消化器内科チームは患者様に消化管(食道、胃、十二指腸)をはじめ、小腸、結腸、直腸、肝臓、胆嚢、膵臓などの消化器官に関する診断と治療を行っています。患者様のそれぞれのご要望に合わせて、サービスを提供し、患者様の症状に適した検査と治療を行います。

 

消化器に現れる、胃酸逆流、胸焼け、消化不良、口臭、便秘、嚥下困難、吐き気、嘔吐、お腹の張り、腹痛、下痢などの症状に対して、専門的な診療と、下記のような特殊治療を行っています

消化器内科診療内容



精通している治療: 

精通している治療: 

急、慢性胃炎

逆流性食道炎

ヘリコバクターピロリ感染

機能性胃腸症

便秘

胃,結腸ポリープ

脂肪肝(アルコール性,非アルコール性)

 

胃カメラ大腸カメラ:

消化管早期癌精査

日帰り内視鏡検査治療

内視鏡下ポリープ切除術

消化管異物(誤飲)

消化管粘膜下腫瘍治療

ESD治療

 

食道疾患                                             

逆流性食道炎

食道良性腫瘍食管良性腫瘍

食管がん

噴門弛緩不全症

好酸球性食道炎

バレット食道

胃疾病

急性、慢性胃炎

ヘリコバクターピロリ感染

胃内異物

消化性潰瘍

胃腫瘍

機能性胃腸症

胃ポリープ

 

腸管疾患

急性腸炎

過敏性腸症候群

機能性便秘,老年性便秘

潰瘍性大腸炎

クローン病

腸結核

結腸ポリープ

肝、胆、膵臓等疾病

脂肪肝(アルコール性,非アルコール性)

肝硬変

関連する合併症

胆嚢炎

胆石症

総胆管結石症

膵炎

膵臓腫瘍

十二指腸乳頭部腫瘍


中国有数の内視鏡専門医が率いて、質の高い医療を提供します


  黄志刚 DR.HUANG ZHIGANG


   博士主任医師

   消化器科専門医師


中国名門大学、复旦大学上海医学院卒業、上海同済病院、第十人民病院など中国有名病院に勤務、27年以上の豊富な臨床経験がある。

上海市食道管静脈怒張治療学会委員、上海市中西医結合学会ERCP会員、世界華人消化専門誌編集員、上海市浦東新区消化内視鏡主任委員など。 

得意分野:消化管の様々な疾患の診断および治療、ヘリコバクター・ピロリ感染症、胃食道逆流疾患、炎症性腸疾患、機能性胃腸症、脂肪肝、肝硬変と関連する合併症、胆管及び膵臓疾患早期診断及び低侵襲性の治療など。また、様々な消化器系の難病なども豊富な臨床経験を持っている。 

胃腸内視鏡下の様々の治療、早期がんの発見及び治療(ESD)、 噴門弛緩不全POEM術

胆膵疾病ERCP治療、食管静脈瘤内視鏡下治療も可能。


  友成雅敏Dr Tomonari


   手術センター長

   言語日本語 英語







経歴: 国立鳥取大学医学部医学卒業。亀田総合病院、手稲渓仁会病院、市立札幌病院などにて勤務。研修医終了後も小児科、内科、救急科、集中治療、麻酔科業務に従事し、怪我や病気に幅広く対応する地域の町医者。当院手術センター長として、手術室、入院病棟、麻酔科、外科系各科を統括する。厚生労働省医政局許可臨床研修指導医講習修了者。2015年厚労省事業の難病指定医、小児慢性特定疾患難病指定医。米国Advanced PTeEXAM、JB-POT、亀田総合病院研修医代表、ベストメンター賞、功労賞。ヨセミテクリニック最優秀スタッフ賞。国際学会発表: Paravertebral blockに関して(International Anesthesia Research Society in Hawaii)、腎移植に関して(VIP Speaker Dubai Anesthesia Conference)など。英語論文: 成長痛に関して。 


どんな人が胃カメラ大腸カメラを受けるべきですか?


年齢は40歳以上の方で、普段から特に消化症状がなくても、今までに一度も胃腸内視鏡検査を受けたことがない方は、胃カメラ大腸カメラでの早期がん検査をお勧めします。

 

*または年齢に関係なく、下記1項目でも該当する方は検査を是非受けてください。

 

*胃癌、食道癌、結腸癌の多発地域の方

*一親等の親族に消化器悪性腫瘍と消化器ポリープ症をお待ちの方

*ご本人は癌の症状及び消化管ポリープを持ちの方

*萎縮性の胃炎、胃潰瘍、胃切除後の方、肥厚性胃炎、悪性貧血の方

 

*下記の二項目以上に該当する方

 

①、慢性便秘 ②、粘液血便 ③、慢性下痢 ④、慢性盲腸炎 ⑤、ストレス ⑥、慢性胆道疾病、⑦、長期に渡り、高塩分、高脂肪、塩辛い食べ物、喫煙、肥満、運動不足など生活習慣をお待ちの方

 

該当される方は、胃腸道早期癌検査をお勧めします。

当院の精密消化管内視鏡検査が選ばれる理由


1. 精密消化管内視鏡検査

 


精密内視鏡検査は通常の検査より早期癌の発見率が高い。

 

早期胃癌の術後の5年生存率は95%以上に達しています。

 通常の内視鏡では見つけにくい小さな病変でも、最先端で高精度な内視鏡なら見つけられます。

特殊染色内視鏡やNBIといわれる特殊光を用いて、癌の発見率は通常の2-3倍になるます。

さらに、病変を60-170倍に拡大することができる拡大内視鏡を導入し、高精度な内視鏡診断が可能となります。

内視鏡検査は、経験豊富な内視鏡専門医が責任を持って行います。  

 

2. 日本の最高水準に機器を使用

 

普通の検査 

精密検査

平均5-10分間

平均時間40分

検査時間が短いが、

早期な病変が見つかりにくい

ハイビジョンで画像、死角なく,小さな異変でも見落とさず発見

普通の医師による検査

内視鏡専門医師による検査

食道、胃、結腸

咽喉、食道、胃、結腸、十二指腸

苦しい、痛い、怖い

無痛、オエオエするような苦しさはない。寝っている間に検査が楽に終わる。

わざわざ検査精度が劣る鼻からの内視鏡を行う必要がない。

 

 

 

 


* 日本と同じ最高水準の内視鏡検査を提供します。

 

* 国際ガイドラインに基づき、その後の検査計画や治療方針を専門医師が提案します。

 

* 世界水準のPENTEX社の機器を用いて検査治療し、検査後の機器は院内の洗浄滅菌で行います。

 

3. 検査が辛くない無痛内視鏡検査

 

*日本人麻酔科専門医が率いる麻酔チームが麻酔を行うので、「楽で苦痛のない内視鏡検査」が受けられます。

 

4. 専門、安全、安心の医療チーム

三甲病院副教授以上の消化器内科医と経験豊富な内視鏡専門医により構成された内視鏡チームと、内科医師及び病棟看護師による術後ケアで安全、安心に受けられます。

 

5. 個別対応の治療方針

*術前の十分な検査に基づき、患者様一人ひとりに合った適切な治療プランを提案をします。

 

*患者様のプライバシーを尊重し、予約時間などの細部まで注意を払います。